記憶の再生について考えるブログ

放送大で学位取得した古川美樹が考えたことを脈絡もなく書き綴ったものです.

児童の書いた内容から,記憶の種類を探る①

 前回から1か月以上過ぎてしまいました.(^^;)

 さて今回は,「児童の書いた内容から,記憶の種類を探る」というテーマでお話ししたいと思います.まずは,記憶の種類です.

f:id:jygnp274:20210115044423p:plain

  多くの論文等に引用されているのがこちらの図です.もちろん,これは原図のデザインを守りながら日本語用に言語を書き換えたものです.

 手続き的記憶とは,自転車の乗り方や店での買い物の仕方などのように,言語による思考を介さずに,対象の動作が再現される記憶を指します.自転車に乗るとき,「ハンドルを持って,次にサドルに腰かけて・・・」などと考えないし,「お店に入ったら買い物かごを手に取り,商品を入れ,レジ前に並び・・・」などを考えていたら買い物はできませんよね.それぞれの動作を繰り返し,自然と行うようになったとき,その手続きの記憶が意識せずに自然と使われているのです.

 しかし,この場合の手続き的記憶ですが,初めは宣言的記憶だったことに気づきませんか.小さい頃,親から「ハンドルを持って,サドルに乗って,片方の足はペダルにかけて・・・・」と教えられませんでしたか?

 宣言的記憶とは,言語によって記述できる,事実についての記憶を指します.別名,陳述記憶ともいいます.鉄棒の逆上がりやボールの正しい蹴り方を教えてもらうときなど,教えてもらった宣言的記憶を何度も思い出して,できるようになった人も多いと思います.

 手続き的記憶が,全て宣言的記憶を介して形成されるかと言えばそうではなく,上手くいった経験のイメージから形成される場合もあります.

 宣言的記憶は,エピソード記憶意味記憶に分けられます.エピソード記憶とは,個人的経験に基づく記憶であり,時間的・空間的文脈の中に位置づけられる記憶です.これは.個人的な関わりのなかで形成されます.これに対して,意味記憶とは,一般的な知識として形成される記憶のことです.そうすると先程の「ハンドルを持って・・」は意味記憶と解釈できます.教える人が,自転車の乗り方を誰かに指南するときに使っていた概念化した知識です.

 このようなことから,学習の結果としての児童の表現物から分かるものはエピソード記憶意味記憶です.

 次回は,児童の実際の表現物を見ていきたいと思います.今回もお読みいただきありがとうございました.

 

 

「お寺の」という言語のすごさ

 再び言語の話.

 成層火山のイメージは「富士山の形」という言葉で全員が正しい絵を描くことができました.やはり日本人の誰もが,富士山の形についての概念は持っているようです.でも,児童一人一人がどこでそれを獲得したかは不明です.少なくとも,小学校の教科指導の中で富士山の形を指導したことはありません.たぶん家庭,それもテレビの映像で獲得した可能性があります.

f:id:jygnp274:20201203070229p:plain

児童が描いた富士山の絵

 次に鐘状火山のイメージを描かせる番です.しかし,「しょうじょうかざん」と発話しても児童は,意味が分かりません.また,仮に漢字で板書したとしても,「鐘」の字は中学校で習う漢字なので意味を推測することはできません.そこで鐘状火山の形を「つりがねの形」と発話してみました.

f:id:jygnp274:20201203012612p:plain

釣鐘

 これで完璧のはずでした.しかし,児童たちは釣鐘の形を描くことができませんでした.つまり,児童たちは「釣鐘」という言語の概念を持っていなかったのです.今の時代,児童が「釣鐘」という言語を獲得する場面は,ほとんどありません.もしあるとしたら,学校教育の指導内容に盛り込まれているか,家庭生活で親から教えてもらう位しかありません.

 あとはICTに頼り釣鐘の写真を提示するのみかと考えていましたが,もう一つ,佐伯胖先生の小人理論を実践してみる価値がありそうです.つまり,自身の小人をお寺に派遣してその小人に釣鐘を見てもらうのです.

 そこで「お寺の」という言語を追加し,「お寺の釣鐘を描きなさい.」と発話してみました.すると,ほとんどの児童がこのような絵を描くことができたのです.

f:id:jygnp274:20201204132653p:plain

児童が描いた釣鐘の絵

 「お寺の」という言語を聞いて自身の小人をお寺に派遣し,記憶の中の映像からお寺に関係するものを引き出し,「つりがね」の「つり(吊り)」と「かね(鐘)」に合致する映像を見て,それが釣鐘ではないかと考えたのです.ところが,別の小学校で同じような質問をしましたが,この学校の児童は同じ問題を解決できませんでした.

 それはなぜかと言えば,最初の小学校の近くにはお寺があり,児童は学校からスケッチをしに行ったり,夏はお寺の花火大会を楽しんだりしていたからです.ところが,別の学校の近くにはお寺はありませんでした.経験の差が出たのです.

 

このブログの元となる論文はこちらです. 

researchmap.jp

 

正しい概念を想起させる言葉

 「たてじょうかざん」という発話によって,児童は縦に長い火山を想起しました.実際は,何もイメージできなかった児童もいました.つまり「たて」の意味を解決できなかったのでしょう.しかし,これらの児童の困惑は理解できます.小学生を相手に授業をする場合は,このようなことが常に起こります.児童の言語概念は,中学生以上の生徒に比べてかなり貧弱であるために,指導は最も難しいのです.

 「たてじょうかざん」を「縦状火山」と解した児童たちは,この2つが紐づいた状態です.しかし,盾状火山は,盾を伏せた形で,裾野が広がったあまり高くない山です.さて,このような誤概念をどのように修正したらよいでしょうか.

  f:id:jygnp274:20201129074651p:plain

 方法はいくらかあるようです.最も早く解決させるには,電子黒板に盾状火山の写真を提示し,「これが盾状火山です.」と発話するのです.

f:id:jygnp274:20201130032817j:plain

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%AF%E7%8A%B6%E7%81%AB%E5%B1%B1

 しかし,これでは「たてじょうかざん」の意味の解決ができません.したがって,「たて」は「盾」であることを伝えるべきです.そのとき,児童の記憶に「盾」があるかどうかを探ってみることも必要でしょう.比喩は,記憶の想起に有効です.一種の手がかり再生です.実際の授業では,「たては,ギリシャの兵士が持っていた攻撃を防ぐものです.」などのように発話しました.同時に手で盾を持つ格好をして,児童の想起を助けました.すると,「あ~あ」「分かった!」などの声が聞かれ,児童は記憶にしまっておいた盾のイメージを呼び起こし,「たて」という言語と盾のイメージを結びつけることに成功したのでした.

 ジェスチャー理論によれば,ジェスチャーによる非言語と音声による言語は同じ神経システムに依存していることから,発話と同時のジェスチャーは効果的と言えます.

f:id:jygnp274:20201130154209p:plain

 

言葉によって異なる概念

 ずいぶん前の話ですが,ある小学校で理科の授業をしていた時のことです.指導内容から少し外れていたのですが,たてじょう火山,せいそう火山,しょうじょう火山の大まかな形を児童にイメージさせることが目的でした.

f:id:jygnp274:20201127004659j:plain

「たてじょうかざん」と発話した場合,「かざん」は「火山」と認知します.それ程,火山という言語は児童にとってすぐに認知できる言語です.次に児童は,「たてじょう」という言語に注目します.ここで児童は,「じょう」については,「状」という漢字が想起され児童の表現で言えば「~みたいな」と意味を類推します.問題は「たて」です.みなさんは,どのような漢字をあてはめますか.このときの児童もきっと困惑したと思います.一番多かったのが「縦」です.つまり縦に高い山のイメージを描いたのでした.

f:id:jygnp274:20201127012929p:plain

 これは,そのときに1人の児童が描いた楯状火山の絵です.児童の思考に大人の常識は通用しません.この後,絵など描かずにどのようにして正しい概念に導いたのでしょうか.

 

 

伝わらない言葉 小学生の言語理解

 博士課程の話が完結して1か月以上が経ちました.この間,別にサボっていた訳ではなく,小学校の理科専科教員としての通常業務や大学の先生との共同研究,それに修士論文を書かれている先生の指導などがあってこのブログを書く時間がなかったのです.

 ところで,みなさんは,自分の話が相手に伝わらないという経験はありますか.当然ながら日本語を話せない外国の人に対してはそうですが,ずっと以前に,小学校で担任をしていた4年生の児童から,「先生の話す言葉が分からない」とダメ出しをもらいました.それは,「すなわち」という言葉です.

f:id:jygnp274:20201124110506j:plain

 小学校に正式採用される前に,高校で物理を教えていた癖が出たのです.この経験は結構引きずって,修士課程受験の原動力になりました.

 ある時,児童の言語理解が気になって,「とける」という言語についてどのように理解しているかを調査しました.その結果,5年生の約8割の児童が「とける」を「融解」として理解し,残り2割の児童は「溶解」として理解していました.授業では「溶解」を取り扱うので困ってしまった経験があります.

 このように小学校で授業をする場合,大きな壁は児童の言語理解能力の問題です.ですから,小学校の先生方は,自分が発話する言語に十分に気を付けながら授業を行っているのです.時々,大学の先生が講演活動の一環として模範授業をされる場合がありますが,先生の発する言語が伝わらず模範授業にならないことがあります.これも小学生の言語理解の実態を知らないことが原因です.

 

 

放送大学博士後期課程と学位取得20

2018年3月24日(土) 放送大学 学位記授与式

いよいよその日がやってきた.

2015年4月1日に博士後期課程に入学して3年で学位記授与式にたどり着いた.

思えば,管理職への道を嫌って2009年4月1日に修士課程に入学し,2年間で修士の学位を取得し,その後,放送大学博士課程が開設されるまで4年の間ひたすら待った甲斐があった.

f:id:jygnp274:20201002164634p:plain

放送大学 大学の窓より

総代(受領代表)

口頭試問で合格が決まった後に,主研究指導の先生から,「学位記授与式では,あなたが博士課程の総代なので,欠席しないように.」と言われていた.

すぐに思ったことは,NHKホールのステージに立てるということであった.たぶん,一生かけてもできなかったことが,向こうからやって来た感があった.

当日学位を受ける博士後期課程の学生は8名であったが,そのうち4名は一期生ストレート組で2017年9月に学位を取得していた.その人たちも含めて,今回の学位記授与式では,博士後期課程の8名と紹介された.だから僕を含めた4名は,一期生の半期遅れと二期生であった.二期生ストレート組は,僕ともう一人だったと思う.

f:id:jygnp274:20201002164744p:plain

放送大学 大学の窓より

 

NHKホールの壇上から見た風景は,今も鮮明に覚えている.学位記を頂いた後,振り返って満員の客席を見た.大学を卒業・修了される多くの方々の視線が客席全体から迫ってくる.放送大学にはこんなにも多くの方々が,学んでおられたのかと実感した.それも自分よりも年配の方々がとても多かったことに感動した.

放送大学を卒業・修了された全ての方々,おめでとうございます.そして,まだまだ学びましょう.

僕が,「放送大学博士後期課程と学位取得」を書き始めて20回目で一応の区切りである.これまでお読みいただいた方に感謝です.

次からは,いよいよ記憶再生の研究について,これまで学会等で発表した論文の中身について分かりやすく書いていこうと思います.

放送大学博士後期課程と学位取得19

2018年1月-2月

口頭試問も終わり,特に論文の修正もなかったのであとは製本である.ハードカバーの博士論文は,保管用と主研究指導の先生に差し上げるためである.同時に,ソフトカバーも製本することにし,関係のある先生方に贈ることにした.

しかし,製本がこんなに金のかかるものとは初めて知った.ハードカバー5冊,ソフトカバー50冊で10万円を超えた.

f:id:jygnp274:20200917161206j:plain

博士論文のハードカバー

ハードカバーは流石に装丁がよければ紙の質も上等で,印刷も立派なものだった.まぁ,そんな上等な質の紙に印刷してもよいくらいの中身かと言われれば,自分が書いたものだけにやりすぎの感がある.

博論の所蔵については,以前は国立国会図書館に現物が収蔵されるということを聞いていたが,今は,デジタルデータのみの所蔵のようで,自分の分は国立国会図書館デジタルコレクション

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/11116374

に収蔵されている.しかし,

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

という注釈がずっとついており,このことに関しては不明のままである.

さて,次はいよいよ修了式(卒業式)である.

放送大学の場合は,準国立的な性格があり,NHKホールを満員にして卒業式が行われる.来賓も文部科学大臣等が列席される.

卒業式は,2018年3月24日(土)であった.